「駐車場の精算機に手が届かず、誤ってアクセルを踏み急発進した」84歳自治医大

   

自治医科大病院突入事故、運転男性「精算機に届かず急発進」

 栃木県下野市の自治医科大病院の正面玄関付近に車が突っ込み、女性(89)が死亡した事故で、車を運転していた茨城県古河市、小久保益男さん(84)が「(病院の)駐車場の精算機に手が届かず、誤ってアクセルを踏み急発進した」との趣旨の話をしていることが11日、捜査関係者への取材で分かった。

 駐車場の入場バーが壊れており、県警は小久保さんが精算機前で停止後、精算しようとした時にブレーキとアクセルを踏み間違え、バーを突破しロータリーを走行後に病院に突っ込んだとみて、小久保さんのけがの回復を待ち自動車運転処罰法違反(過失致死傷)などの容疑で調べる方針。

 事故は10日午後2時5分ごろ発生。車は正面玄関に続く通路脇のベンチに座っていた東京都港区の和田八重子さんをはね、和田さんは頭を強く打ち死亡した。ほかにさいたま市大宮区の女性(85)と娘(58)がけがをした。小久保さんも骨折する重傷を負った。
産経ニュースhttp://www.sankei.com/affairs/news/161111/afr1611110024-n1.html