小学生の列に突っ込み 6歳男児が死亡した事故 事故を起こした87歳の合田政市容疑者、前日外出し戻らぬまま24時間後事故 痴呆の可能性 「どこをどう走ったか覚えていない」

登校列に車、追突し横転 小1死亡、児童ら7人重軽傷 過失致死傷容疑、運転の87歳逮捕 横浜

28日午前8時5分ごろ、横浜市港南区大久保の市道で、歩道側を集団登校していた市立桜岡小の小学生の列に軽トラックが突っ込んだ。近くの同小1年、田代優さん(6)が頭の骨を折るなどして死亡。小学1~5年の女児2人と男児2人を含む計7人が重軽傷を負った。

 神奈川県警港南署は、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の疑いで、軽トラックを運転していた横浜市磯子区洋光台の無職、合田政市容疑者(87)を逮捕。「間違いない」と容疑を認めている。合田容疑者は平成25年11月の免許更新時に認知症の検査などを受けた際は、異常は認められなかったという。

 現場は、京急本線上大岡駅近くの住宅街を通る一方通行の直線道路。道幅が約5メートルと狭く、ガードレールなどはなかった。

 同署によると、軽トラックは前方にいた軽乗用車に追突し、はずみで小学生の列に横転しながら突っ込んだ。田代さんはトラックと、近くにあった電柱にはさまれたとみられる。

 合田容疑者や軽乗用車の女性(71)、同乗の男性(39)も負傷。軽乗用車は停車中だったバスにぶつかったが、バスの乗客らにケガはなかった。

    

 田代優さんの祖母、京子さん(63)が産経新聞などの取材に応じ、「親思いの優しい子だった。ただただ信じられない」と苦しい胸の内を語った。
 優さん家族は京子さんの自宅の近くに住んでいて、前夜は優さんの大好きなお餅を食べながら京子さん宅で夕飯を共にしたという。「かけっこが4等だったよ。来年は1等を取れるように頑張るからね」。22日に開かれた運動会の結果を笑顔で報告してくれた。「おばあちゃんまたね」と手を振って帰る姿が最後の思い出になった。

 スポーツが好きで、「将来は(県内で名門として知られる)横浜高校で野球がしたい」と夢を語っていたという優さん。京子さんは「誰とでも仲良くでき、自分より小さな子の面倒もよくみていた。今は何も感情が湧いてこない」と涙を浮かべた。
http://www.sankei.com/affairs/news/161028/afr1610280012-n2.html